機材レビュー

このブログにも度々登場しているキーボード、KORGのSV-1とKORGのMicroPiano(マイクロピアノ)について、機材紹介と使用して感じたこを
DTMレビュー》というサイトに寄稿しました。
私のライブでのMCを聞いたことがある方はおわかり頂けると思いますが、私は頭にあることを言葉にするのが得意ではありません。
本や文章に触れるのは大好きだし、言語には興味があるし、日本語にもとても興味があります。語源フェチです。辞書大好きです。
(小学生の頃、図書館の授業では広辞苑を読んで爆笑していた…)
それなのにいざ自分の気持ちや考えを言葉にしようと思うと変な言い回しをしてしまったり、言いたいことが言えないもどかしさを味わうことが多々あります。
でも言葉っていうのは伝えるためにできたものだから、人間である以上ちゃんと相手に伝わる言葉を使えるようになりたいものです。
(一時期、私は言葉じゃなく音楽で伝えるからいいやと思っていた時期がありますがそれとこれとは別です。言葉がすべてを伝えるわけではありませんが言葉に置き換えて伝えるということが大事なのですね。)
 
というわけで、自分なりの言葉で長い文章を書くのに苦戦しましたが、
ちゃんと魅力を伝えれるように今一度機能や特性を調べ直して書きました。
すると、特にSV-1はまだまだ使いこなせていなくて、もっともっと追求すると応えてくれる素晴らしいキーボードだなということに今さらながら気づき、今後それを生かした楽曲制作や演奏もやっていきたいと思いました。
記事、お読み頂けると嬉しいです!
◆KORG SV-1のレビュー
http://dtmreview.com/korg-sv-1-4814.html
IMG_0934
◆KORG MicroPianoのレビュー
http://dtmreview.com/korg-micropiano-4804.html
IMG_0984



Archive


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です