神が降臨するという名刺

新しい名刺が届きました。
img_1011_2
前回と同じ活版印刷のお店で。紙は優しい風合いの手すき紙、そして藤の花のデザインを選びました。
前回と同様に黄色を用いたイメージでいこうかなと考えていたのですが思いきって変えてみることにしました。この藤の花が気になり調べたところ、藤の花は他の多くの花が上向きに花開くのに対し、下向きに花穂が垂れ下がります。このことから天と大地をつなぐものであり、神が地上に降臨するときの雲を意味する。と言われているとのこと。
天と大地をつなぐものってなんか音楽みたいでロマンがあるなと。
あとちょうど育てていたヒヤシンスと似た色でヒヤシンスと形も真逆だからかなんかシンパシーを感じたので。
img_0981
ヒヤシンスは冬に立原道造の本を読んでいて、ヒヤシンスが好きだったらしいという話があり(風信子とはヒヤシンスのことだそうです)それでちょうど今季節だなぁ、育てよう。と思い立ちました。
お花屋さんに行って「ヒヤシンスの水栽培をしたいんですけど球根ありますか?」っておばちゃんに聞いたら「もう遅いわよ、秋に来ないと」って言われてもうほとんど育っててあとは咲くだけのヒヤシンスを買いました。なんか楽して花咲く喜びを得てしまった・・・。来年は秋に、水栽培を始めようっと。
というかヒヤシンスの球根って再利用できるそうなんです。でも今は花を咲かせて養分を使い切った状態だから、もう一度花を咲かせれるように球根のなかに養分をたくわえないといけないようです。
これこそ、育てるという行為ではないか。一年がかりだなんて難しそうですが…チャレンジしてみようと思います。
img_0993
3つともきれいに咲いていい香りを放っていました。でもなぜか茎が曲がってしまった。。私は親知らずも曲がって生えてたので本当にへそまがりなんだとなんか笑えました。




Archive


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です