古本屋で見つけた楽譜

最近、古本屋で見つけたレアな本と楽譜。

左は、中田喜直 著『メロディーの作り方』
言葉に合わせてメロディーをどのように作ればいいかを丁寧に、作曲をしたことがない人にもわかりやすく教えてくれる本。
良い例、好ましくない例を比較してたくさん載せてあるのでわかりやすい。

わかりやすいんだけれど、わかりやすく論じるためにいろんな情報を省いているんだろうなと感じる。音楽だから当たり前だけど。
だから最後には、

「結局、小手先の器用さでメロディーを作るのではなく、高く深い、音楽的な感覚をしっかりと身につけて、その上に豊かな知識と長い経験をつんで、はじめて本当の優れたメロディーが生まれるのです」

とある。そう言って最後に「雪のふるまち」の作品解説を載せるあたり、簡単に名曲は生まれないんだなということを突きつけられる。

言葉と音楽が一体になって表現できること。
美しい日本語のうたをたくさん残してくれた中田喜直大先生の言葉に触れれるだけで価値があるかなと手元に置いておきたいので買ってみた。

右の赤いのは、雅楽を採譜しスコアにしたもの。
初めて見た。日本の音楽を五線上に記譜するのは無理があるのは百も承知で楽譜になんとかしている。

琴・琵琶の譜に見られる長い保留音は、現実には管鼓の音に消されるが、和音の根元であり且つ微音ながら発音持続するので、楽譜上では強調されて見えるが、通常の記載法に表した。

この考えがなんかいいな。実際は聴く人の耳には聴こえてないんだけどそこにあるべき音だと。




Archive


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です