ピアノ録音参加作品と見えていなかった話

ピアノ録音で参加した映画「今日から俺は!!劇場版」が公開されました。
さっそく劇場で鑑賞してきました。ドラマの「今日俺」の楽しさそのまま、迫力倍増の作品であちこちで笑いが起こっていました。

もう一つ、ユニット静かの基地のニューアルバム「はるのゆめ」がリリースされました。私も1曲ピアノ録音で参加しています。
いろんなミュージシャンが宅録で参加し作り上げたアルバムになっているようです。それぞれのトラックのアレンジをついじっくり聴きたくなります。
このカバー写真に並ぶ、その瞬間その場所でしか見れない空の表情のように、コロナで活動の場が減ったなかその時にしか得られないであろう音楽を形にして届けるお二人の姿勢はとても素晴らしいと思います。

こちらのBandCampのサイトから視聴・購入できますのでぜひ♪
https://shintaro-tanaka.bandcamp.com/album/fruhlingstraum


どちらも家のピアノで録音したものです。
マイクの置き方など試行錯誤し、この部屋でどうすれば良い音で録音できるか慣れるまで難しい試みでしたが、良い音だと言ってもらえるように仕上げられよかったです。

ピアノ宅録は随時受付中です。よろしくお願いします🎹


そしてこれもブログに書きそびれていました。先月リリースされた海蔵亮太さんのシングル「素敵な人よ」。
ポップスのストリングスアレンジはまた違った面白さがあり楽しかったです。


見えていなかった話

メガネを新調しました。
吉祥寺にあるGRASSTORY IKARAさんで出会ったメガネ。
以前は、家用だしと思ってよくあるチェーン店のものをサクッと作って使用していました。これが自分の今の見え具合に合っていなかったようで。
視力がそんなに落ちてる自覚がなく、というか一応自覚はあったけど疲れたら見にくくなるな〜寝たら治るよな〜くらいに思って過ごしていました。実際に寝て治っていたのかは疑問ですが。
見えていなかったということは、見えない情報を補おうとして脳に無駄に負担がかかっていたか、ぼんやりに慣れてしまっていたかどちらにせよよくないとお店の方に言われ衝撃でした。。
字幕見るときにぼやけていても気にしていなかったり、裸眼のまま出かけてよく見えてないけど気にしていなかったりと、今までどれだけ適当に世界を把握していたんだと反省です。見づらかったせいでパソコン画面に食らいついて姿勢も悪くなっていたので悪影響だらけでした。
よくも悪くも楽譜を見るときは、楽譜の情報を一つ一つ”読んで”いるのではなく、形を俯瞰しているみたいなところがあるからかなと、言い訳しておきます。

GRASSTORY IKARAさんでは、パソコン作業、ピアノで楽譜を見る距離などお伝えした上で見え方、度の調整をとても丁寧にしてくださりました。大量生産のインスタントな品物との違いを体感しています。自分だけにぴったりな物を身につける嬉しさと快適さは、気持ちの上でも健康にも大事ですね。
これからは知的に生きます。(いつも言っている・・・)





Archive