録音におすすめのピアノ椅子

Photo by Roy Javier on Unsplash

ふるさと納税の返礼品で福岡県からいちごが届いたので、いちごのフルーツサンドを作ってみました。みずみずしくて美味しい。

ピアノ椅子を新調しました

自宅でピアノの録音をする機会が増えた方も多いと思います。録音をする際にいろんなノイズを気にすると思いますが、私はピアノ椅子がけっこう古かったのでミシッというノイズがたまに入るのが困りものでした。プラグインのRXで後から目立たないようにはノイズ処理できるものの、そもそも鳴らない方がいいので油圧式タイプのピアノ椅子を探していました。

こちらが、イタリアのDISCACCIATI(ディスカチャーチ)というメーカーの810 ERGOというモデルの椅子です。油圧式のベンチタイプです。

油圧式は自分にぴったりの高さに微調整できることと、ノイズが鳴りにくいのが良いところです。コンサートベンチほどのラグジュアリーさはないけど、すっきりとしたかっこいいデザインです。

また、この810 ERGOの特徴は座面が斜めになっていることです!
写真だとけっこうな前下がりの傾斜に見えるのですが、座ってみるとそうでもなく、むしろ自然に足に重心をかけることができ安定感があります。
また写真だと座面の厚みもあるように見えますがわりと固めで、以前はヤマハのトムソン椅子を使用していましたが、おしりのあたる部分の固さはそんなに違わないです。

まだ届いて1ヶ月も経たないのでこれから使用してどちらが自分にあってるか比べてみようと思います。

私が探していた時はいろんな楽器店に問い合わせましたが、島村楽器のみ現物の展示をしており、実際に店舗で座って試すことができました。

島村楽器ピアノセレクションセンター

Amazonだとディスカチャーチ社のベンチ椅子は別のモデルしか取り扱いがないようです。

他に油圧式ベンチだと、

でも座って試してみてるのをおすすめします。




Archive