調律

昨日ピアノを調律をしてもらいました。

いわゆる音程を整えるチューニングだけでなく整音もしてくださるので格段に弾きやすくなりました。
家でレコーディングをしたときにアタックに対して音の減衰が少し速いなと気になっていたのでそのことを相談すると、確かに私のピアノYAMAHA C3 Eのモデルは弦の経年変化によってその傾向があるとのこと。
そのあたりも考慮して調整していただき以前より音ののびが良くなったように感じます。
昔からそうだったけど、調律してもらったあとに音を鳴らす瞬間はいまだにわくわくします。耳がその生まれ変わった音に慣れていないのもあるし、実際きれいになった音で弾くのはとても気持ちがいいものです。音の粒がクリアに聴こえ、響きも澄んで感じる。まるで自分が急に上手くなったような気がしてきてつい、いろんな楽譜を引っ張り出してポロポロ弾いてます。
そして”あれ、弾けないぞ…”と、いいピアノは鏡のように上手く弾けない現実も教えてくれるのでした。

レコーディングでは単一指向のマイクの角度をほんの少し変えるだけで音が変化するのを実験しました。ハンマーの部分を狙うのかそこを外すのかで特に違いが顕著に感じられ、られたようなそうでもないような、、




Archive


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です